住まいを守る外壁塗装|屋上や壁の塗装でトラブルも逃走

塗装

塗料の種類と異なる特徴

一軒家

外壁塗装に利用される塗料はそれぞれ耐久力や価格などがそれぞれ違っており、利用する際は塗料ごとに違う特徴をしっかり理解することが必要です。
最も安く利用できるのがアクリル樹脂を利用した塗料であり、手頃な価格で外壁塗装をしたい方に利用されています。しかし価格が安い分耐久性は低く五年程で効果が無くなってくるとされており、汚れも蓄積しやすいので注意しましょう。最もバランスの良い塗料がシリコン樹脂を利用した塗料であり、価格もそれほど高くはなく耐久性も十分持っている塗料として多くの方によく利用されています。最長で十年程は効果を保ってくれるので、汚れや雨などから住宅をしっかり保護してくれるようになっています。それほど高い費用を使わずに安定した耐久性を住宅に取り入れたい場合はシリコン樹脂の塗料を利用し、住宅の耐久度を長い間維持していけるようにしましょう。

住宅にツヤ消しの効果を持たせるのがフッ素樹脂を利用した塗料であり、他の塗料に比べて仕上がりが豪華に感じられるようになっています。
塗料自体の耐久年数も長く、十数年程は住宅を完全に保護してくれるのでとても重宝されています。最も高い耐久性を持っているとされるのがピュアクリスタルであり、防水性や耐久性が他の塗料よりも格段に高いとして注目されています。住宅をより長く守っていきたい場合はピュアクリスタルを利用し、さまざまな汚れから住宅を保護していけるようにしましょう。また高触媒は汚れを太陽の光や雨によって自動的に落とす効果を持った塗料であり、綺麗な状態の住宅を手入れせずに維持することができるとして人気となっています。